甲田栄作のホームページ

甲田栄作のHPをご覧いただきましてありがとうございます 

≪今月の表題写真≫

(注)写真は掲載年月と撮影年月とは必ずしも一致しておりません。

◎2021年3月=春を告げるミツマタの花

以前、丹沢湖よりミツバ岳~権現山に縦走してミツマタの花を見に行った。冬枯れの尾根筋で他に先駆けて咲くミツマタの花がとても綺麗だあった。しかも前日季節外れの雪が降り、花の上に薄く積もり、とても風情を感じさせてくれた。ミツマタの群生はあちこちにあるが、近間で見れるので是非実感して欲しい。

≪更新月日≫

令和3年3月1日(月)

●茨城県関東百名山完登をアップしました(2月28日)

●管理人に一言を更新しました(2月28日)

〇堂平山と田舎③をアップしました(2月20-22日)

〇登山記録

●茨城県関東百名山完登をアップしました(2月28日)

◎2020年9月6日300名山完登した。詳細は「登山記録」や「300名山リストと印象深い山の記録」も参照下さい。

●トピックス 

●堂平山と田舎③をアップしました(2月20-22日)

〇田舎21年②をアップしました(1月31-2月1日)

〇コンテンツの追加

〇「山のエトセトラ」は過去の主要な山行記録をアップしています。その中から特に印象に残る山行は「思い出の山行」に別掲載しています。又「思い出のワンショット」「頻度の多い縦走路」「登頂回数の多い山」等も収録しています。 

◆1ヶ月を過ぎたコンテンツはトップページから削除しますが、左上の項目ををクリックすると、過去の分も含めて見ることが出来ます。

≪登山記録≫

◎茨城県、関東百名山完登(2月28日)

茨城県には関東百名山が6個あり、八溝山、加波山、筑波山は既に登っている。残りの竪破山、奥久慈男体山は福島県境の阿武隈山塊に近く、吾国山は筑波山の近くだ。このうち奥久慈男体山(岩峰で、ルートにより上級者コースもある)、吾国山は地元では名の売れた山で登山客も結構いた。各々ハイキングレベルの山なので、所在地は多少離れてはいるが効率を考えて1日で3座登ってきた。でも車の走行距離は400kを越えていた。

◎名所山,春日山,釈迦ケ岳,(2月13日)

コロナ禍でステイホームを強いられていたが、遂に耐え切れなくなって、山の写真を撮りに行ってきた。昨年登った釈迦ケ岳より短時間に登れる周辺の山を、カシミール3Dを使って調べた。すると釈迦ケ岳より南アルプス寄りに名所山、春日山があり眺望が良しとの事で出かけてみた。しかし立地的には良かったが頂上の雑木が邪魔して写真撮れない。止む無く釈迦ケ岳に再度登って撮影した。雪は去年に比べて多くは無かったが、何とか雪の南アルプスを眺められた。

≪トピックス≫

◎堂平山と田舎③(2月20-22日)

田舎に果樹の消毒に行く途中、秩父の堂平山に立ち寄った。東京近郊で山頂で星が眺められる場所として有名である。駐車場から5分程で山頂であり、天体観測所も設けられている。天気は良かったが上弦の月が上がっており条件はあまり良くないが、北斗七星を写真に収めた。田舎では今が適期である果樹の冬眠害虫退治のための薬品を散布。4月並みの暑さで汗をかいた。例年より季節が進んでいるようで、福寿草が咲き、フキノトウが顔を出していた。

≪星の写真≫

今までやってみようと思っていたが実現できないでいた星の写真に初めて挑戦した。でもやってみていろいろハードルの高さを感じた。冬は条件的には良いが寒いし、月の明るさや天候を考慮すると一ケ月の二割程しか適日が無い。又最大の問題は都会の明るさである。自宅の近辺を夜中ウロツクが街灯の明るさが撮影を拒む。何とか1ケ所は見つけた。初めて撮ったのがオリオン星座である。初めての写真なので問題だらけである。今後レベルを上げてゆきたい。尚、1ケ月以上経った写真は≪趣味≫の「星の写真」の欄に掲載してゆくにで興味のある方は見て欲しい。

②北斗七星(おおくま座)

この星の並びも有名なので知っていると思う。北の空に大きな「ししゃく」形をしているので容易に見つけやすい。北の目印北極星は2等星の為見つけずらい。そこで「ししゃく」の先端の星を5倍延長するとそこに北極星がある。しかし今の北極星は不動ではない。何万年かすると天ノ川のはくちょう座近くに移動してしまう。又「ししゃく」の柄の先端から2番目の星に注目して欲しい。この星は「ミザール」と言ってすぐ近くに四等星の伴星がある。この伴星はミザールの周りを回っており、肉眼でも確認できる。昔アラビアでは兵士の目の検査に伴星がどの位置にあるかで判断したという。

≪管理人の一言≫

新型コロナウイルスはいろんな意味で大変な影響を及ぼしている。過去にこんな出来事は無かった。昨年9月6日残っていた東北の五葉山に登頂して300名山完登を果たした。比較的簡単な山だったので、苦労を掛けた女房と共に登った。今年になってコロナは更に急拡大を続けており、2回目の緊急事態宣言でも収まる気配はない。でも体のトレーニングだけは続けるべく、運動公園に通っている。山登りの次の目標はいろいろ考えたが、とりあえず「関東百名山」を目指してみたい。数えて見ると既に72座は登っており残り28座である。これも各地に虫食いに散らばっており、効率的にアタックを進めたい。コロナ禍、慎重な行動が求められているがそろそろ限界。車で行き、あまり人との接触がない山に登るのは果たして罪なのか?3月の啓蟄を待たずに、甲田虫は穴から這い出してしまった。

◎当ホームページに対するご意見等ございましたら下記アドレスまでメールください。

kouda2066@air.ocn.ne.jp